Kitamura Clinic
神戸で脳ドック・MRI検査なら北村クリニックで
0  /  100
keyboard_arrow_up
keyboard_arrow_down
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
subarachnoid hemorrhage

脳動脈瘤

〔 クモ膜下出血 〕

Scroll Down
subarachnoid hemorrhage
クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤の遺伝性が指摘されています。脳動脈瘤の有無や治療の必要性をMRI検査によって調べることができ適切なリスク管理が可能です。

About

脳動脈瘤について

高血圧や喫煙、遺伝などが関連していると考えられていますが、脳動脈瘤の発生理由は明らかにされていません。

成人100人に対して2〜5人に発見されると報告されています。

MRI検査で脳の血管の状態を調べることができるようになり、まだ破裂していない未破裂脳動脈瘤を発見できるケースが増えています。

未破裂脳動脈瘤の症状は多くの脳疾患と同様に、脳動脈瘤が破裂するまでまったく症状がありません。

しかも脳動脈瘤の破裂はクモ膜下出血として発症する場合がほとんどで、ひとたび破裂すると重大な症状につながります。

脳動脈瘤と考えられる予兆

経験したことがない激しい頭痛

頸部のこわばりや痛みがある

瞳孔が拡大する

感覚や意識がなくなる

吐き気や嘔吐がある

眼の上や目の奥の痛みがある

光に対して過敏になる

など、こうした症状にお気づきの方は今すぐ当院にお越しください。

最大の防御策は脳ドック

脳動脈瘤は脳梗塞や脳卒中と違い、高血圧や糖尿病、高脂血症など生活習慣病の予防で防ぐことができるわけではありません。

クモ膜下出血を防ぐためにはMRIで未破裂脳動脈瘤の有無を検査し、あった場合はすぐに処置することが重要です。

40代以降に発症することが多いといわれるクモ膜下出血なので、該当する年齢の方は定期的に脳ドックを受診し、早めに脳の専門医に相談することをおすすめします。