Kitamura Clinic
神戸で脳ドック・MRI検査なら北村クリニックで
0  /  100
keyboard_arrow_up
keyboard_arrow_down
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
  • blog

ブログ

25日2020年6月

AI画像診断で患者さんが受けるメリット

近年複数の施設で相次いだ画像検査の見落とし問題について、
その多くは画像診断レポートの確認し忘れが原因と報道されています。
患者さんの主治医にあたる外科医や内科医は、
ご自分の専門領域である各臓器の所見についてご自身で読影・確認されます。
しかしながら、専門外の臓器や撮影範囲に偶然写りこんできた異常については、
限られた診察時間の中では確認不足となる可能性も残ります。
画像診断レポートは放射線診断専門医により作成され、
その確認不足を補う役割がありますが、
それでも現在の1検査あたり300枚超も撮影される全ての画像を
隅々までチェックする必要があります。
近年、画像診断の領域は画質の向上など目覚ましい発展を遂げており、
画像診断医の負担は増す一方です。
AI画像診断支援システムは異常所見の候補部位を自動検出し、
画像上にマークして示してくれることで見落としを防ぐだけでなく、
データを三次元的に解析して一断面からの読影ではわからない異常も知らせてくれます。
脳動脈瘤の診断にはMRAngiography (MRA) を用い、
それを立体的に再構成した三次元画像、
最大値投影法(Maximum Intensity Projection: MIP)画像によって細かな異常も検知します。
未破裂動脈瘤の候補をAIが自動検出した結果も踏まえ、
専門医が吟味して最終診断とすることで、
次の治療や経過観察の判断を素早くかつ正確に行うことが可能です。
当院では脳ドック・一般外来診療での検査ともに検査当日に専門医が患者様に直接結果説明を行います。
撮影されたばかりの画像を患者さんへお見せして異常所見について説明し、
治療や経過観察の計画について相談することになります。
即時の結果説明を行うため長時間かけて読影することは難しいという制約を伴いますが、
本システムによりスピーディーかつ正確な結果説明が今まで以上に確かなものになると考えます。