Kitamura Clinic
神戸で脳ドック・MRI検査なら北村クリニックで
0  /  100
keyboard_arrow_up
keyboard_arrow_down
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
  • blog

ブログ

2日2020年6月

AI画像診断支援システムを導入しました

北村クリニックでは脳疾患を未然に予防する予防医療に力を入れています。
また一度脳卒中を起こした患者様や、
発症前に治療を開始できた患者様の脳血管障害の再発を
防ぐことに注力しています。
そのために脳神経外科神経内科医会や
近隣の先生方と協力して新しい治療にも取り組み、
動脈硬化性病変の改善に実績を積んできています。
脳卒中予防医療の入り口となる脳ドックにおいては、
「血管狭窄」と共に「未破裂脳動脈瘤」の発見に全力で取り組んでいます。
脳動脈瘤は破裂することでくも膜下出血の原因となります。
当院では複数の専門医によるMRI画像診断のダブルチェックを行い、
診断の精度向上に努めてまりましたが、
このたび人工知能(AI)による画像診断支援システムを導入しました。
このシステムは脳MRI画像を人工知能(AI)、
とりわけ深層学習(Deep Learning)を活用した技術によって解析し、
脳動脈瘤の疑いがある部分を自動検出します。
当クリニックでは検査全例に対してこのシステムを併用し、診断精度をさらに高め、
全ての脳卒中を未然に防止することを目指しています。
今後医療の分野でAIが広く導入・拡大されると考えますが、
特に画像診断や治療計画といった放射線医学分野において
特に先進的な研究、応用が進められています。
当クリニックは25年前に阪神地区で最初にMRI装置を導入した個人クリニックであり、
AIのような先端技術にも積極的に参画・臨床導入することで、
さらに高品質の医療を患者様へ提供していきたいと考えています。